Pierce,Pierce,Pierce!!

ピアスが好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピアスときどき論文検索。

本日は携帯から失礼します。



米子から帰ってきて、朝番の連勤をこなして、論文研究を進めて。
今日ようやく研究が一段落して、ほっと一息吐いたところだったりします。



研究といっても、私の研究している分野は文献研究が主ですので、
一般的に"研究"という言葉からイメージされるような実験からは程遠かったりします。

文献にかじりついて、論文を飽きるほど読み返して、
たまに出てくる計算式に新鮮さを感じてしまうような研究。

むしろ白衣着て実験器具覗き込みながら~な研究に憧れてしまいます…。



…白衣…。



さて、研究を進めるにあたって論文を検索したりしなければならないのですが、
その時にCini(サイニィ)という論文検索を使用しています。

普段はちゃんと(?)研究分野に沿った単語で論文を検索しているのですが、
たまに全く関係のない、気になった単語で論文を検索してみると面白いものを発見できたりします。



最近で気になったものは、
"傷 洗浄"という単語で検索して発見した、傷口の治癒速度について書かれたものです。

実際に行った臨床試験の結果について簡単にまとめられたものだったのですが、
内容をかいつまんで説明すると、
手術の際切開して出来た傷を縫合後に洗浄を行い、
その縫合箇所を"乾燥させた状態"と"体液で湿潤させた状態"では
どちらがより早く治癒するのか、というもの。

ちなみに"乾燥させた状態"=縫合箇所にガーゼを当てて包帯を巻いた状態、
"体液で湿潤させた状態"=…はどうだったか失念してしまったので、また後日確認してきます…。



結果としては"体液で湿潤させた状態"のほうがより早く治癒する、というものだったのですが、
その結果より気になったのが縫合箇所を"消毒"ではなく"洗浄"している点。

どのように洗浄を行ったのかは目を通した時点で発見出来ませんでしたが、
それでも実際の医療の現場において
"術後"というデリケートな傷口に対して洗浄を行っている点に驚きというか、
ちょっと嬉しいというか誇らしい気分になってしまいました。



やはり傷口の処置には消毒より洗浄なのだと。
ピアスホールのお手入れ=洗浄は、あながち間違いではないのだと。



こういうちょっとした発見があるので、論文検索は止められませんね。

論文でしたら比較的最新の研究結果を知ることも出来ますし、
もしかすると洗浄より安全だったり効果的な傷口の処置方法が発見されるかもしれませんね。



ちなみに"ピアス"で検索しても、
検索結果のほとんどが人名だったり…。
スポンサーサイト
[ 2011/08/26 01:29 ] 日記 ピアスな(?)日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
このブログのぬし

ぐみ

Author:ぐみ

ちどり


耳でピアスを楽しむ人。

実は生きてたサボタージュ管理人。

どの面下げてかわかりませんが
久しぶりに舞い戻ってきました。

ブログ半復帰。

◆左耳
・ロブ×3(00g/00g/8g)
・ヘリックス×2(8g/14g)
・インナーコンク×2(14g)
・ロック(16g)
・トラガス(14g)

◆右耳
・ロブ×3(8g/14g×2)
・インナーコンク(14g)
・アウターコンク(14g)
・トラガス(16g)
    (2012/7/18現在)

右トラガス、はじめました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
メールフォーム
↓お問い合わせはこちらへ↓

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。