Pierce,Pierce,Pierce!!

ピアスが好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホットソークに使用しているもの。

トラブルが~と言っている割には
最近サボりがちで手をつけていなかったホットソーク。

明日が休みで今夜はゆっくりできそうなので、
久しぶりのホットソークがてらちょっとご紹介。



ホットソークの必需品




いつも使っている塩&湯のみです。

塩は無印良品の"長崎県対馬産焼塩"。
伯方の塩などでもホットソークには十分なのですが、
このサイズが便利で湿気らせてしまう前に使い切れるのと
袋本体とチャック部分が丈夫なこと、
何よりこれで作る塩むすびが他よりなんとなく美味しい気がして
おむすび用兼ホットソーク用、といった感じです。

…ちゃんと清潔なスプーンで取り分けて使っていますよ。



湯のみは、以前はちゃんと"湯のみ"として使用していたものですが、
のみ口の径が私の耳のサイズにちょうど良く、
現在はホットソーク専用になっています。

なみなみに入れて容量100mlくらいです。



そして塩の分量はいつもこのくらいで行っています。



塩の分量




白いのでちょっと画像じゃわかりづらいですね。
小さめのスプーンにちょっと山盛りめに掬い取り、このくらいの量を使用しています。



ホットソークで使用する塩水の濃度は
一概にはどのくらいが良いとは言えません。
生理食塩水程度の濃度~海水程度の濃度などさまざまです。

ホットソークを"細胞液の循環効率を上げるため"と考えれば
浸透しやすそうな体液と同程度の濃度が良いでしょうし、
ホットソークが"海水療法の延長"として行われていると考えれば
やはり海水と同程度の濃度が良いのでしょう。



ただ一つ言えるのは、
自分の体質やホールの状態に合った濃度を見つけるのが重要だということ。

私の場合もまだベストな濃度を探り探り行っている状態だったりします。



さて、お風呂ついでにホットソークでもしてきます。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
このブログのぬし

ぐみ

Author:ぐみ

ちどり


耳でピアスを楽しむ人。

実は生きてたサボタージュ管理人。

どの面下げてかわかりませんが
久しぶりに舞い戻ってきました。

ブログ半復帰。

◆左耳
・ロブ×3(00g/00g/8g)
・ヘリックス×2(8g/14g)
・インナーコンク×2(14g)
・ロック(16g)
・トラガス(14g)

◆右耳
・ロブ×3(8g/14g×2)
・インナーコンク(14g)
・アウターコンク(14g)
・トラガス(16g)
    (2012/7/18現在)

右トラガス、はじめました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
メールフォーム
↓お問い合わせはこちらへ↓

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。