Pierce,Pierce,Pierce!!

ピアスが好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピアスホールと栄養バランス。

肉芽観察の合間にもちょこちょこと。



本日は"ピアスホールと栄養バランス"についてです。



栄養バランスを語る前に、
私が以前ピアススタジオでピアッサーさんに教えていただいた
ピアスホールにオススメな栄養素(?)を紹介したいと思います。



ビタミンC

美容に効果的なビタミンとして知られていますが、
ピアスホールの治癒にも欠かせないビタミンです。

ビタミンCの大切な役割として"コラーゲンの生成"が挙げられます。
このコラーゲンによって細胞同士が繋ぎ合わされていることから、
ビタミンCは傷口の治癒や皮膚の強化に効果があるとされています。

また、ミネラルの吸収を助ける効果もあるので
積極的に摂取したい栄養素であったりします。

果物や緑黄色野菜に多く含まれています。



亜鉛

免疫力や代謝に深く関係のあるミネラルです。

亜鉛が不足すると傷の治りが遅くなってしまったり、
代謝がうまく機能せずに皮膚の生まれ変わりが正常に行われなかったりと
ピアス愛好家にとっては致命的な症状が出てしまいます。

ただ、1日あたりの摂取量が30mgを越えるのは良くないそうなので、
摂取量をうまく調節することが重要になりそうです。

亜鉛の摂取では牡蠣が有名ですが、
亜鉛が豊富で食べる機会の多い牛肉からの摂取がオススメです。



以上2つしかないのですけれど。



ただ、ピアスホールにいいからといって
この2つの栄養素だけを摂取すればいいというものではありません。

家庭科などの授業で習う通り、
栄養素はバランスよく摂取することで初めてうまく機能するものなので、
基本となる栄養素のバランスを考えつつ、
気になるものはちょっとずつ足していく、というのが良いかと思われます。



また、サプリメントで摂取するよりも、
やはり普段の食事から摂取するほうが吸収効率が良いそうです。

唾液に含まれる成分が栄養素の吸収を促進するそう。



…と書きつつ、栄養がバランス良く含まれていて
胃腸の弱い人に優しいエビオス錠に頼っている私です…。

あと、毎日のヨーグルト・果物・ナッツ類は欠かせません。



特にこれからの時季は夏バテで食欲も出ず栄養が偏りやすいので、
食事の内容には気をつけていきたいものです。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
このブログのぬし

ぐみ

Author:ぐみ

ちどり


耳でピアスを楽しむ人。

実は生きてたサボタージュ管理人。

どの面下げてかわかりませんが
久しぶりに舞い戻ってきました。

ブログ半復帰。

◆左耳
・ロブ×3(00g/00g/8g)
・ヘリックス×2(8g/14g)
・インナーコンク×2(14g)
・ロック(16g)
・トラガス(14g)

◆右耳
・ロブ×3(8g/14g×2)
・インナーコンク(14g)
・アウターコンク(14g)
・トラガス(16g)
    (2012/7/18現在)

右トラガス、はじめました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
メールフォーム
↓お問い合わせはこちらへ↓

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。