Pierce,Pierce,Pierce!!

ピアスが好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

化膿について。

気がつけば7月。

1年ももう半分が終わってしまいましたが、
私はこの半年間何をやっていたんだろうと振り返る今日この頃。



…という具合に
ちょっとテンション下降気味で始まりましたが、
今日は"化膿"について書いていこうかと思います。



排除や初期の肉芽(にくげ)など
様々なトラブル体験のある私ですが、
もっとも嫌なトラブルがこの化膿です。



化膿とは、
粘性のある分泌液を伴う損傷した皮膚組織の炎症のことで、
傷口に有機物系の異物(かさぶたやゴミ)が付着している状態だと
発症率が跳ね上がるのだそうです。

かさぶたがダメだなんて。

ということは、
ピアスホールを化膿させないためには
日頃の洗浄で分泌物や血液、膿などの付着物を
綺麗に洗い流すのが重要となります。

ボディピアス系のサイトでよく見かける
「皮膚に残った軟膏は綺麗に拭き取る」というのは
実はものすごく大切なことなんです。



しかし、
いくら日頃から気をつけていても
化膿する時は化膿してしまうものなんです…。



原因

ピアスホール及びその周辺が清潔な状態に保たれていない
   化膿の原因はこれに尽きます。

   日頃の洗浄を怠っていたり、
   耳の場合ですと枕カバーが清潔でなかったりすると
   ピアスホールが化膿してしまいます。


体力が落ちている
   体力が落ちている時は免疫力も落ちてしまっていますので、
   ちょっとしたことですぐに化膿してしまったりします。



症状

触れなくても酷く痛む
   ジクジクと激しく痛みます。

   特に化膿の痛みとして特徴的なのが、
   "鼓動に合わせるように痛む"というものです。


ピアスホール周辺が広範囲にわたって腫れる
   ホールの辺りだけがぽっこり腫れるのではなく、
   耳の場合だと耳全体が真っ赤に腫れ上がることが多いです。

   いつも以上に腫れている時は、
   化膿を疑ったほうがいいかもしれません。


腫れた部分が熱をもっている
   触れなくてもわかるほどに熱をもちます。


一番近い位置にあるリンパ節が痛む・腫れる
   リンパ節とは細菌などに感染した際
   それ以上の感染を防ぐための関所の役割をする器官です。

   耳の場合はロブの付け根のあたりが
   一番近いリンパ節になります。

   酷い時には寝付けないほどに痛みます。


膿が出る
   これが決定的な症状でしょう。

   粘り気のある濁った色の液体で、
   場合によって白~黄~黄緑と違いはありますが、
   濁っているという点と酷く臭うという点が一致します。



対策

清潔に保つ
   とにもかくにも洗浄、洗浄です。

   耳の場合なら毎日枕カバーの交換を行いましょう。
   清潔なタオルを敷いて毎日取り替えるのも良いです。


オキシドールを使用する
   普段での使用はあまりオススメしませんが、
   化膿してしまった際はオキシドールの使用をオススメします。

   オキシドールは殺菌作用こそ弱いものの、
   生体に触れると細かい泡が発生するので
   傷口に付着した異物が浮き、取れやすくなります。

   オキシドールを染み込ませた綿棒で
   ホール周辺を軽く拭っておくと良いでしょう。


抗生物質を使用する
   代表的なものとしてテラマイシン軟膏があります。

   極少量をピアスホールとその周辺になじませて、
   皮膚に残ってしまったものは綺麗に拭き取ります。

   "常用すると耐性ができてしまう"と心配されるかもしれませんが、
   トラブル時に使用する分には気にしなくて良いかと思います。

   抗生物質ではありませんが、ドルマイシン軟膏も有効です。


体調を整える
   バランスの良い食事・適度な運動・良質の睡眠。

   日頃から体調管理をしっかり行うことで
   抵抗力を高めておきたいものです。



その他注意事項

ジュエリーは絶対に外さない
   初めて使用しました、大きい文字。
   それだけ駄目ってことです。

   ジュエリーは絶対に外さないでください。
   もし腫れが酷くジュエリーが埋没しそうな場合は
   替えのジェエリーで押し出すように交換し、
   絶対にホールが塞がらないように行ってください。

   もしジュエリーを外してしまい
   化膿したままピアスホールが塞がると、
   内部で化膿が進行して周りの組織が溶かされ、
   最悪その部分の"お肉"がごっそりなくなってしまいます。


ホットソークは控える
   耳の場合ですと、どうしても患部と一緒に
   他のホールも液に浸さなければならなくなるため、
   他のホールも感染してしまう恐れがあります。

   というより、
   化膿時には患部を温めるのは控えたほうが良いと思います。

   痛みが酷くなってしまった経験があります…。



酷い時は病院に行く
   これに尽きます。



以上、化膿についてでした。

他にも色々試しましたが、
長くなりそうなのでいずれまた書こうかと思います。



化膿するとどうしてもリンパ節にも痛みが生じますが、
私はそういった時、
リンパ節に冷えピタを貼って頭痛薬を服用するとかなり和らぎます。

…が、本当に参ってしまいそうな時は
素直に医師に頼ったほうが良いと思います。



化膿は嫌です、化膿だけは本当に。

化膿にだけはどうか気をつけてください…。
スポンサーサイト
[ 2011/07/02 15:50 ] トラブル対処 化膿 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
このブログのぬし

ぐみ

Author:ぐみ

ちどり


耳でピアスを楽しむ人。

実は生きてたサボタージュ管理人。

どの面下げてかわかりませんが
久しぶりに舞い戻ってきました。

ブログ半復帰。

◆左耳
・ロブ×3(00g/00g/8g)
・ヘリックス×2(8g/14g)
・インナーコンク×2(14g)
・ロック(16g)
・トラガス(14g)

◆右耳
・ロブ×3(8g/14g×2)
・インナーコンク(14g)
・アウターコンク(14g)
・トラガス(16g)
    (2012/7/18現在)

右トラガス、はじめました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
メールフォーム
↓お問い合わせはこちらへ↓

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。