Pierce,Pierce,Pierce!!

ピアスが好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

排除について。

梅雨の合間の晴れ空。
今日は真夏のような暑さでした。

こんな暑い日は涼しげなピアスで
気分だけでも爽やかに過ごしたいものですね。

結局リテイナーで過ごしましたけど…。



さて、本日はピアスのトラブル"排除"について
体験を交えつつに書き綴ろうかと思います。



排除とは、
ホールに負担のかかるピアスを着けることで
ピアスホールの位置が徐々に変化し、
ジュエリーが体の外へと押し出されることです。



右ロブ




上の画像の真ん中のロブは7年ほど前に排除されそうになり、
下方向に位置が変わってしまいました。

今現在ではホール周辺の皮膚も綺麗になりましたが、
排除が治まった直後は突っ張ったような皮膚でした。



以下、個人的な見解による排除の症状とその対策です。



原因
主な原因というか、
トラブルのほとんどがホールへの負担によるものだと思います。

以下、その簡単な例を。


よくジュエリーを引っ掛ける。
   ピアスに慣れていない時期によくやってしまいがちです。
   場合によっては致命的な怪我となるので、
   常日頃からの注意が必要です。


重いジュエリーを着けている。
   重いジュエリーを着けるという事は、
   常にジュエリーを引っ掛けている状態と似たようなものです。


ジュエリーの内径が適切でない。
   私のロブとヘリックスの場合、
   皮膚が丈夫になっていない状態で
   内径が合っていないリングを着けた事で、
   排除が起きたようでした。

   すでに完成したホールであっても、
   内径の合わないジュエリーを着け続けると
   排除が起きてしまいます。


無理な拡張を行った。
   未完成のホールを拡張したり、
   一度にゲージアップしすぎたりすると
   ホールに大きな負担がかかります。


適切なジュエリーを着けていない。
   その部位に合ったジュエリーを着けていないと、
   排除される可能性が格段に上がります。

   人によってその部位に合う形状が変わってきますが、
   皮膚に対してより垂直になる形状のものが
   その部位に合っているものだと思います。



症状

ピアスホールに痛みがある。
   排除されるから痛みがあるというより、
   痛みの伴う事象が原因となって
   最終的に排除が起こる…といった感じでした。

   ジュクジュクした部分は
   ヒリヒリとした痛みがあったように思います。

   また、最終的に押し出される際には
   あまり痛みを感じないそうです。


ホール周辺がジュクジュクする。
   ホールの内部ではなく、
   その周辺などの表側の皮膚が爛れたようになります。
   分泌液で絶えず湿ったようになり、
   赤みを帯びて痛々しかったです。

   ロブの際は不思議と腫れはありませんでしたが、
   ヘリックスは少し腫れてしまいました。

   分泌液は出ていましたが、出血はなかったです。


ホールの位置が変わる。
   重力の加わる方向に位置が変わります。

   右ロブも左ヘリックスも
   下方向に位置が変わってしまいました。

   日々の変化を見極める事が重要かと思います。



対策

ジュエリーを軽いものにする。
   軽いものに着け替えて負担を軽くすれば、
   自然と治まる事がほとんどです。


適切な内径のものを選ぶ。
   バーベルならその部位の厚み+2mm、
   リングなら厚みの倍の内径のものを使用しましょう。


その部位に最適なジュエリーを選ぶ。
   できるだけ皮膚に対し垂直に通せるようにします。
   場合によっては自分で曲げて調節するのも良いかもしれません。

 
ゲージを1サイズ落とす。
   せっかく上げたゲージサイズを落としたくない気持ちはわかります。

   …が、排除されては元も子もないので、
   思い切ってサイズを落としましょう。



その他対策
以上の対策を行った上でホットソークを行うと
より早くホールを完治させる事ができます。

上記対策で良くならない場合は、
ピアスを外してしまうのが賢明です。



私の場合ですと、
内径の合っていないリングから
厚さ+2mmのストレートバーベルに替えた事で
症状が改善されました。

位置が変わってしまったため、
前はホールを開けなおそうかと思ったのですが、
せっかくなのでこのままこのアンバランスさを楽しんでいます。



ただ、やはりピアスを楽しむのなら
トラブルはないに越した事はありません。

日頃からの観察と、負担をかけない楽しみ方が必要ですね。
スポンサーサイト
[ 2011/06/24 20:53 ] トラブル対処 排除 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
このブログのぬし

ぐみ

Author:ぐみ

ちどり


耳でピアスを楽しむ人。

実は生きてたサボタージュ管理人。

どの面下げてかわかりませんが
久しぶりに舞い戻ってきました。

ブログ半復帰。

◆左耳
・ロブ×3(00g/00g/8g)
・ヘリックス×2(8g/14g)
・インナーコンク×2(14g)
・ロック(16g)
・トラガス(14g)

◆右耳
・ロブ×3(8g/14g×2)
・インナーコンク(14g)
・アウターコンク(14g)
・トラガス(16g)
    (2012/7/18現在)

右トラガス、はじめました。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
メールフォーム
↓お問い合わせはこちらへ↓

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。