Pierce,Pierce,Pierce!!

ピアスが好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ツバメリング。

ぱっと見でお気づきだとは思いますが、
ブログの内装をちょこちょこいじっております。

ボディピアスブログとは思えないほどのピンク加減。

もうちょっとボディピアスっぽいブログに仕上げます。



さて、今日は先日購入したツバメのリングを初装着。



ツバメ




なんかツバメが傾いてるのは気にしないでください。



ツバメがメインなので、
他のホールはちょっと抑え気味で。

ごちゃごちゃとさせると暑苦しく感じるので
夏はシンプルに1色or同系色でまとめるに限ります。



ロブに着いているクロウもサーキュラーもお気に入り。

これから見せびらかしに行ってきます。
スポンサーサイト

家庭でできる滅菌・その2。

前回の間欠滅菌のご紹介に引き続き、
今回は高温高圧滅菌についてご紹介していきます。



書いてて暑くなりそうな内容ですが…。



高温高圧滅菌とは、
ピアスを愛する人には馴染み深い
"オートクレーブ"という装置によって行う滅菌のことです。

大気圧以上の圧力をかけることで水の沸点を引き上げ、
それによる高温で滅菌を行います。



滅菌は、ただ高温にすればいいというものではありません。

例えば、オーブンなどを使用した乾熱滅菌では
180℃以上という高温であっても30分以上の時間がかかったり、
一部の芽胞は300℃以上でも滅菌できない場合があります。



しかし、オートクレーブによる高温高圧滅菌では
"水分のある状態で"、"120℃以上"の高温下におくことにより、
乾熱滅菌以上の効果が期待できます。



「高温高圧滅菌はオートクレーブが要るんじゃないの??」
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

が、個人が気軽に入手できるもので
オートクレーブ同様の"2気圧120℃以上"を達成できるものがあります。

煮込み料理の味方"圧力鍋"です。



以下、簡単に説明を。



準備するもの

圧力鍋
   2気圧以上に設定できるものであれば結構です。

   …が、事故の多い調理器具ですので、
   安全性をクリアしたメーカー品であるほうが良いかと思います。


圧力鍋用蒸し器


鍋内に収まる小型の金属製ざる
   ピアスをざるに入れて圧力鍋にかけます。
   なくても結構ですが、あれば便利です。

   最近よく見かける、シリコン製のものでも良いです。


中性洗剤、歯ブラシなど
   処理する前に、ピアスを洗浄しておくのが良いでしょう。


     ※準備できるようであれば滅菌パックもあると良いですが、
      個人で楽しむ分であれば必要ありません。



滅菌方法

滅菌するピアスを洗浄しておく
   中性洗剤でピアスを綺麗に洗っておきます。
   パーツは外して行いましょう。

   この時、準備したざるの中で行うと紛失の心配がありません。
   洗浄後はざるに入れたままで。


圧力鍋に蒸し器をセットし、ざるごとピアスを入れる
   圧力鍋に水を入れて蒸し器をセットし、
   その上にピアスを置きます。


2気圧で30分ほど加圧する
   2気圧121度でしたら通常20分で滅菌可能ですが、
   圧力鍋ということなのでちょっと長めに加圧します。


ざるごと取出し、乾燥させる
   終了したら、蒸気に気をつけながら取り出します。

   ざるに入れずに圧力鍋にかけた場合は
   中が十分に冷めるまで待ったほうがよいでしょう。



滅菌時の注意事項

取扱説明書の指示に従って使用しましょう
   圧力鍋は使用方法を間違えると大変危険です。
   事故を起こしてしまわないよう、
   事前に圧力鍋の取扱説明書にしっかり目を通しておきましょう。


熱に弱いもの、水分に弱いものは滅菌できません
   ジルコニアや天然素材のものは
   変形・変質してしまう恐れがあります。

   サージカル・チタンなどの金属、ガラス、シリコンは滅菌可能です。



圧力鍋が必要となりますが、
以前紹介した間欠滅菌より短時間で済み、
何より間欠滅菌以上の効果が期待できます。

あくまで個人で楽しむ目的の滅菌ですので、
業務目的で行うのはご遠慮いただきたいです。



滅菌で安全・安心なピアスライフを。

ピアスホールの拡張について。

以前購入した⑧gのピアスがどうも左耳に似合わないため、
右ロブを⑧gにしようと思い立ちました。

それが昨晩のこと。

段階的に行っていきたいので、
とりあえず⑩gに拡張を行いました。

ついでに画像も撮ったので、
今日は急遽"拡張について"です。



ピアスホールを大きくする拡張。

気軽に楽しむ方も多いようですが、
慎重に行わないと
それこそ一生残る傷となってしまいます。

拡張は丁寧に、慎重に。

正しく行えば、よりボディピアスを楽しめます。



拡張を行える条件

ピアスホールが十分に完成していること
   十分に完成していないホールを拡張すると、
   ホールの調子が悪くなるばかりか
   最悪の場合裂けてしまうこともあります。

   ホール内までしっかりとした皮膚が張っている状態で行いましょう。

   見極め方として、ジュエリーを外した時のピアスホールが
   "すり鉢状になっているか"どうかで判断します。

   また、ピアスホールが上記のような状態になっていたとしても、
   一般的な第2治癒期間(皮膚が丈夫になる期間)を過ぎるまでは
   行わないほうが良いかと思います。

   イヤーロブですと
   ピアッシング後約半年ほどが第2治癒期間となります。


前回の拡張から十分に時間が経過していること
   拡張したことがある方ならおわかりいただけるかと思いますが、
   拡張後のホールは無理矢理皮膚が伸ばされている状態なので
   しばらくの間は突っ張っているような感じがします。

   そのような状態で行うとトラブルのもとです。

   拡張と拡張の間は最低でも2週間、
   より痛みが少なく安全な状態で行いたいのであれば
   2ヶ月ほど間を開けて行うようにしましょう。


拡張に必要なもの

拡張器
   なくても行える拡張法もありますが、
   安全・丁寧に拡張を行いたいのであれば
   拡張器の使用をオススメします。

   拡張器の材質はなんでも構いませんが、
   個人的なオススメは"アクリル製を使い捨て"です。


軟膏
   潤滑剤として使います。

   簡単に手に入るオロナイン軟膏で十分ですし、
   他にもワセリンやオイルなどでも代用可能です。
   洗浄中に石鹸で、というのもアリです。

   今回私はエミューオイルを使用しています。


拡張後に装着するジュエリー
   こちらも何でも限りませんが、
   できるだけホールに負担をかけないものを選びます。

   重いものやリング系は避け、
   軽いシングルフレアなどを選ぶと良いかと思います。


拡張方法

拡張器に軟膏を塗る
   拡張器に潤滑剤となる軟膏を塗っておきます。
   ホールにも塗っておくとなお良いです。

エミューオイルぬりぬり


   私の場合はエミューオイル。
   見えにくいですが、塗ってあります…。


ホールに拡張器を通す
   拡張器をホールにゆっくりと通していきます。

少しずつ通していく


   この時、通りにくいようであれば
   拡張器を少し回しながら通してみたり、
   裏側から通す→表側から通すを繰り返してみます。

   無理なようならOリングを着けて固定し、
   しばらく時間を置いて馴染ませてから再開します。

   少しずつ行えばちゃんと最後まで通る…はず。


滑り込ませるようにジュエリーを装着する
   最後まで拡張器が通ったら、
   ジュエリーで拡張器を押し出すようにし
   ホールにジュエリーを装着します。


ピアスをすべり込ませる


   皮膚が突っ張ってなかなか装着できない時は、
   拡張器をそのまましばらく装着しておき、
   馴染んだ頃合いで再度試してみると良いかと思います。

   ただし、拡張器の重さによっては
   そのまま装着するのは控えたほうが良いです。



拡張時の注意事項

段階を踏んで行いましょう
   できれば1段階ずつ行うのが良いですが、
   完成して時間の経つイヤーロブであれば
   2段階ずつの拡張が可能です。

   それでも、⑧gを超えたあたりからは
   1段階ずつ行うのが良いでしょう。

   一度に拡張すると
   ホールに負担がかかり過ぎてしまいます。


無理だと思ったら諦めましょう
   諦めてもホールがなくなるわけではありませんので、
   無理だと判断したら潔く止めてしまいましょう。

   しばらく間を置いて再チャレンジすると
   意外と簡単に拡張できたりするものです。


ホールが裂けるようなことは絶対に止めましょう
   ホールが裂けてしまった場合、
   たとえ完治したとしても以降の拡張が非常に困難になったり、
   人によってはケロイドとなってしまうこともあります。

   そうならないためにも、
   ホールが裂けないよう細心の注意を払いながら
   拡張を行う必要があります。

   もし裂けてしまった場合は、
   速やかに医療機関に行きましょう。



拡張が終わったら
   多くの場合、皮膚が突っ張るような痛みや赤みがありますが
   1日ほど経てば大分おさまります。
   温かいシャワーやホットソークなどでホールを温めると
   比較的早く痛みが引きます。

   拡張時に使用した軟膏を洗い流すためにも
   お風呂でしっかり温まりながら洗浄を行うと良いかと思います。

   洗浄後はホホバオイルや
   スキンケア用のオリーブオイルなどをホールになじませると
   皮膚への負担が大分軽減されます。



長くなってしまいましたが、
拡張の手順を簡単にまとめてみました。

綺麗に拡張されたホールを手に入れるためには
その分丁寧で慎重な拡張が必要となります。



拡張には急がば回れという言葉がピッタリですので、
焦らず自分のペースで拡張を行ってください。

新ホール妄想。

新しくピアスを開けるなら…と、妄想してみました。



左耳に開けるなら、
ヘリックスを縦に貫通する、黄色の点線のような感じで。

新左耳


カーブドバーベルがぷらんとぶら下がると可愛いかも。

近々ロックを⑱gのカーブドバーベルにしようと考え中ですが、
ヘリックスに開けるなら細いリングのままが良さそうです。

あくまで妄想です。



続いて右耳。

バランス重視の右耳は、
他の2箇所の軟骨部分との位置関係で赤丸の辺りに。

新右耳


いわゆる、アッパーダイス。

メガネっ娘(痛)の私には安定が困難な箇所。
でもそう言われると余計開けてみたくなる箇所。

アッパーが無理そうなら、
左と同じ位置にトラガスを開けたいですね。



うーん…開けたくなってきました。
[ 2011/06/27 22:56 ] 日記 ピアスな日記 | TB(0) | CM(0)

ホールのお手入れと軟膏。

ピアスを開ける際やトラブルが起こった時など、
困った時に頼りになるのが軟膏です。



今回はあると便利な"軟膏"についてのお話。

有名なものだとテラマイシン軟膏がありますね。



ピアッシング時のニードルの穴埋めや拡張時の潤滑剤、
トラブル時の治療にと色々な場面で活躍する軟膏。

効果的に使用できれば、
ピアスを楽しむ上での心強い味方になります。



私が使用した事のある範囲内で、
ピアスホールのお手入れに有効な軟膏を紹介したいと思います。



テラマイシン軟膏
抗生物質入りの軟膏です。
非常に強い軟膏ですので、個人の判断による長期使用はオススメしません。

…が、そこはやはり抗生物質、
化膿性の皮膚疾患に対して非常に効果的で
これさえあれば安心といった感じです。

"とっておきの軟膏"ということで、
ピアッシングの際や化膿時などの
とっておきの場面で使用するのが良いかと思います。



コーフル軟膏
私が愛用している軟膏だったりします。

抗生物質とは違う殺菌成分(アクリノール)入りの軟膏で、
その他に皮膚再生を促すビタミンAや
かゆみや痛みを軽減する酸化亜鉛が配合されています。

テラマイシン軟膏ほどの強い効能はありませんが、
その分常用軟膏として使える利点があります。
私は化膿しそうな時の予防薬として使用しています。

もちろん、普通の傷薬としても使えるので重宝しますよ。



オロナイン軟膏
一家に1つは置いてあるであろう塗り薬。
…というより、塗る消毒薬と呼んだほうが的確かもしれません。

ピアスホールの治療などに使うことはほぼありませんが、
消毒成分が入っていること、
オリーブ油やワセリンが配合されていることなどもあり、
拡張時の潤滑剤として適している軟膏かもしれません。



テラコートリル軟膏
ピアスホールに対して使ったことはないのですが…
口腔内にも使える、
抗生物質入りとしては非常に弱い軟膏です。

口の中を噛んでしまって口内炎がーっ!!という時や、
舌炎がーっ!!という時に使っています。

もちろん皮膚に対しても使えます。

口腔内ピアス(タンやスクランパー、ラブレットなど)の
トラブルの際には有用かもしれません。

テラマイシン同様、長期使用は控えたほうが良いです。



あまり使用していませんが、
少しでも参考になれば幸いです。



ただ、どの軟膏もピアスホールに使用する際注意したいのが
"皮膚に軟膏を残さないようにする"ということ。
軟膏が残ってしまうと、そこに雑菌が繁殖してしまい
不衛生な状態になりかねません。

軟膏を塗ってしばらく置いたら、
清潔なガーゼや綿棒などで綺麗に拭き取りましょう。



軟膏で快適なピアスライフを。







※6/27追記。
お手入れセット

現在の私のお手入れセットです。
…が、最近開けたホールがないので、
今はコーフルもテラマイシンも傷薬として使ってます。

いつかまた使う日がくることを信じて…。

もっとも、その際には新しいものに買い替えますけど。
ブログ内検索
このブログのぬし

ぐみ

Author:ぐみ

ちどり


耳でピアスを楽しむ人。

実は生きてたサボタージュ管理人。

どの面下げてかわかりませんが
久しぶりに舞い戻ってきました。

ブログ半復帰。

◆左耳
・ロブ×3(00g/00g/8g)
・ヘリックス×2(8g/14g)
・インナーコンク×2(14g)
・ロック(16g)
・トラガス(14g)

◆右耳
・ロブ×3(8g/14g×2)
・インナーコンク(14g)
・アウターコンク(14g)
・トラガス(16g)
    (2012/7/18現在)

右トラガス、はじめました。

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
メールフォーム
↓お問い合わせはこちらへ↓

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。